« 鹿児島日記その3 | トップページ | 冬の生物 »

2010年1月26日 (火)

これで最終話♪鹿児島日記

鹿児探検( ̄▽ ̄)最終日

鹿児島最大の謎の地に向かう前に

鹿児島の歴史を

維新ふるさと館】にて

お勉強。

なんとなくは知っていたけど

実は、知らなかったことが沢山あったことに

気付いたり感動したりするあまのじゃっくたち。

 

その感動を体の中から冷やすべく

Cimg0279

天文館むじゃき】で  

かの有名な

Cimg0276

【白熊】を堪能(*≧m≦*)

さすがに寒いのでミニサイズを選択。  

『コンビニで売ってるのと違って

氷がフワフワァ♪ 

出来ることなら夏に食べたかったが 

まぁ、贅沢は言うまい!』

  

クライマックスは・・・

謎だらけの地

Cimg0287

【桜島】

ここで、整理しよう ( ̄▽ ̄)

桜島(鹿児島)疑問集

1.)そんなに火山灰はしょっちゅう降ってくるのか?

  姫路に遊びに来た鹿児島人が持っていた
  
  雑誌を出してきた時「あっ、ごめん灰が・・」と

  言いつつ灰らしきものを

  払いながらページをめくっていた。

 

2.)桜島は、島でなく陸続きの部分がある。

  地図を見て確認済みヾ(.;.;゚Д゚)ノ
  
  大正の大噴火で地続きになったらしい。  
  

3.)桜島に人は住んでいるのか?

  「住んでる」って言ってる。  

  
4.)桜島を車で走れるのか?

  これは、現地で桜島を見て気付いた謎。

 

    
等々、

あまのじゃっくの予想外の事実が

続々と言い渡されるのだが、

『この目で確かめるのだぁああ!』と

息巻き 桜島へ上陸。

Cimg0291

湯之平展望所からの眺め 近っ∑(=゚ω゚=;)

 

この段階で

回答)

3.4. 桜島には人も住んでるし

   家もいっぱいあるし

   車も余裕で対向出来るほどの

   立派な道路が通っている。

 

そして、

Cimg0298

道に積もる灰。

Cimg0297

灰に埋まってる黒神の【埋没鳥居】

「ここ!」と看板まであったのだが、

あまりの埋まりっぷり

気付かず乗り越えようとした!!(゚ロ゚屮)屮

 

回答)

1. 灰は降る。

  冬場は鹿児島市内向きの風でなく

  大隈半島向きなので、火山灰は鹿児島市内には

  なかったが夏場は最悪らしい。

  ちなみに、天気予報でも桜島上空の風向きを

  お知らせしている。

 

灰にまみれながら、桜島を横断し

Cimg0303 

黒酢の甕の群ぇえええΣ(゚□゚(゚□゚*)

桷志田の黒酢本舗

 

回答)

3. 桜島からフェリーにも乗らず橋も渡らず

  大隈半島に到達した。

  

係員のお姉ちゃんの説明を聞いた後は、

黒酢の試飲をしまくる

あまのじゃっくご一行。

ちょっと酸い匂いを漂わせ 
  

注意事項)

加齢臭じゃないはず・・

きっと。たぶん((・(ェ)・;))

 

鹿児島での最終温泉へ

ずっと温泉。これでもかってくらいに温泉。

幸せヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

普通の銭湯=温泉 な鹿児島市内

あっちこっちにいいお湯があるらしいが、

今回、現地の子が案内してくれたのが、

 

【西郷さんが自決した洞窟の目の前にある温泉】

 ↑ここだけ聞くとオドロオドロしい雰囲気だが、

全く普通の銭湯。

お風呂屋さん自体は、昔の銭湯=別にとりたてて

いいというところはないのだが←オイッ!( Д) ゚ ゚

その泉質がすごく良かった。

ちょっとトロミが付いてるような無色透明のお湯が

なんとシャワーからも出てくる。

なんて贅沢。

そのせいか、髪の毛も体もサラサラ・ツルツル♪

もちろん体もポッカポカ♪

今回、一番のお気に入りのお湯であった。

 

  
そんなこんなで あまのじゃっくの文章が 長かった

鹿児島ツアーもおしまいとなったのであった。

 

 

  
おまけ)

Cimg0304

新幹線に乗る間際まで、鹿児島堪能を忘れず、

黒豚のトンカツも完食。( ̄ー+ ̄)

 

 

 

なんとか、1月中に書ききれて良かった・・・

 

 

|

« 鹿児島日記その3 | トップページ | 冬の生物 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

むじゃきさん、プラネタリウムかと思ったw
この時期に白熊が出てくるとは!
予想外だったwww
しかも、いろんな白熊が~~~(・∀・)イイ!

埋没鳥居の図はスゴイねーΣ(`0´*)
掘り返そうとはしなかったのか・・・?
一帯が同じレベルまでカサが上がったからかしら?
年々高くなりつつあるのかなあ・・・?

でね、これまで鹿児島の火山灰って、
フツーの灰のイメージでいた自分に気付いたのです( ̄○ ̄;)!
成分って何?とググってしまいましたわ。
結局よく解らなかったけど、
見た目は白っぽい砂って感じなのかしら?

鹿児島ルポルタージュ、面白かったよお~
私も火山灰を見に(?)行ってみたくなった!(゚▽゚*)

投稿: ウルル | 2010年1月29日 (金) 22時36分

ウルルさん

天文館ってその辺りの地名なんですってぇ~coldsweats02
私も、友達に「なんで?」と聞いたら、
「昔、この辺にプラネタリウムがあったらしい。」とのことで、ウルルさん正解ですup

白熊、やっぱり行っとかない♪と思いまして・・・寒かったけどshock

埋没鳥居、私も位置関係の理屈がよくわからんかったけど(爆)
この部分だけ、当時の市長さんが
歴史の証明のためにわざと掘り返さなかった
らしいです。しかし、自然の力って
恐ろしいwobbly

火山灰。見た目は、グレーで一見
砂鉄っぽいかなぁ?あれが大量に降ってきたらホンマ泣きそうcrying

ありがとうございます♪
なんとか完了しました。( ̄▽ ̄)

投稿: あまのじゃっく | 2010年1月31日 (日) 12時52分

ようやくブログ拝見させて頂きました
いやいや、面白い!!
そして、甥っこ顔そっくりね(笑)

鹿児島日記の第一話はどこに???
最終話から逆走して読んでしまった私・・・。

そして、面白いので
こまめにブログの更新望む!!!

エイコが彼氏とラブラブなもので、
苛立ちを抑え切れない 鹿児島の美女より
愛を込めて・・・
またコメント入れます


追記
火山灰=火山ガラス

火山が噴火する時にマグマが地下深部から上昇してくると圧力が下がるため、マグマに溶解していた水などの揮発成分がガスとなって発泡する(炭酸飲料の栓を抜いたのと同じ状態)。これにより残っていた液体のマグマが粉砕され微粒子となる。これが噴出されると結晶になる暇もなく急冷されるためガラスとなる。このガラスの成分は元のマグマの成分によっていろいろである。

投稿: ハタナカ ナオコ IN 鹿児島 | 2010年5月 8日 (土) 11時38分

ハタナカ ナオコIN鹿児島さんへ

いらっしゃいませぇhappy01
ワザワザ探してくれてありがとうhappy02

甥っ子やっぱしそっくり?(笑)
産んだおぼえはないけれどsmile
いやはや、コマメに書こうとは思ってるんやけど・・・ついついまたもや停滞中
Σ( ̄ロ ̄lll)
飲んだくれの量を減らして
頑張りたいと思いますcoldsweats01

まぁ、ラブラブheart01なんはいいこと!
ちゅうことにしときましょ( ̄ー ̄)ニヤリ

火山灰=火山ガラスの詳しい説明
ありがとう♪1つ賢くなったぞscissors

投稿: あまのじゃっく | 2010年5月 9日 (日) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/258198/33060694

この記事へのトラックバック一覧です: これで最終話♪鹿児島日記:

« 鹿児島日記その3 | トップページ | 冬の生物 »