« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月26日 (火)

これで最終話♪鹿児島日記

鹿児探検( ̄▽ ̄)最終日

鹿児島最大の謎の地に向かう前に

鹿児島の歴史を

維新ふるさと館】にて

お勉強。

なんとなくは知っていたけど

実は、知らなかったことが沢山あったことに

気付いたり感動したりするあまのじゃっくたち。

 

その感動を体の中から冷やすべく

Cimg0279

天文館むじゃき】で  

かの有名な

Cimg0276

【白熊】を堪能(*≧m≦*)

さすがに寒いのでミニサイズを選択。  

『コンビニで売ってるのと違って

氷がフワフワァ♪ 

出来ることなら夏に食べたかったが 

まぁ、贅沢は言うまい!』

  

クライマックスは・・・

謎だらけの地

Cimg0287

【桜島】

ここで、整理しよう ( ̄▽ ̄)

桜島(鹿児島)疑問集

1.)そんなに火山灰はしょっちゅう降ってくるのか?

  姫路に遊びに来た鹿児島人が持っていた
  
  雑誌を出してきた時「あっ、ごめん灰が・・」と

  言いつつ灰らしきものを

  払いながらページをめくっていた。

 

2.)桜島は、島でなく陸続きの部分がある。

  地図を見て確認済みヾ(.;.;゚Д゚)ノ
  
  大正の大噴火で地続きになったらしい。  
  

3.)桜島に人は住んでいるのか?

  「住んでる」って言ってる。  

  
4.)桜島を車で走れるのか?

  これは、現地で桜島を見て気付いた謎。

 

    
等々、

あまのじゃっくの予想外の事実が

続々と言い渡されるのだが、

『この目で確かめるのだぁああ!』と

息巻き 桜島へ上陸。

Cimg0291

湯之平展望所からの眺め 近っ∑(=゚ω゚=;)

 

この段階で

回答)

3.4. 桜島には人も住んでるし

   家もいっぱいあるし

   車も余裕で対向出来るほどの

   立派な道路が通っている。

 

そして、

Cimg0298

道に積もる灰。

Cimg0297

灰に埋まってる黒神の【埋没鳥居】

「ここ!」と看板まであったのだが、

あまりの埋まりっぷり

気付かず乗り越えようとした!!(゚ロ゚屮)屮

 

回答)

1. 灰は降る。

  冬場は鹿児島市内向きの風でなく

  大隈半島向きなので、火山灰は鹿児島市内には

  なかったが夏場は最悪らしい。

  ちなみに、天気予報でも桜島上空の風向きを

  お知らせしている。

 

灰にまみれながら、桜島を横断し

Cimg0303 

黒酢の甕の群ぇえええΣ(゚□゚(゚□゚*)

桷志田の黒酢本舗

 

回答)

3. 桜島からフェリーにも乗らず橋も渡らず

  大隈半島に到達した。

  

係員のお姉ちゃんの説明を聞いた後は、

黒酢の試飲をしまくる

あまのじゃっくご一行。

ちょっと酸い匂いを漂わせ 
  

注意事項)

加齢臭じゃないはず・・

きっと。たぶん((・(ェ)・;))

 

鹿児島での最終温泉へ

ずっと温泉。これでもかってくらいに温泉。

幸せヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

普通の銭湯=温泉 な鹿児島市内

あっちこっちにいいお湯があるらしいが、

今回、現地の子が案内してくれたのが、

 

【西郷さんが自決した洞窟の目の前にある温泉】

 ↑ここだけ聞くとオドロオドロしい雰囲気だが、

全く普通の銭湯。

お風呂屋さん自体は、昔の銭湯=別にとりたてて

いいというところはないのだが←オイッ!( Д) ゚ ゚

その泉質がすごく良かった。

ちょっとトロミが付いてるような無色透明のお湯が

なんとシャワーからも出てくる。

なんて贅沢。

そのせいか、髪の毛も体もサラサラ・ツルツル♪

もちろん体もポッカポカ♪

今回、一番のお気に入りのお湯であった。

 

  
そんなこんなで あまのじゃっくの文章が 長かった

鹿児島ツアーもおしまいとなったのであった。

 

 

  
おまけ)

Cimg0304

新幹線に乗る間際まで、鹿児島堪能を忘れず、

黒豚のトンカツも完食。( ̄ー+ ̄)

 

 

 

なんとか、1月中に書ききれて良かった・・・

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

鹿児島日記その3

さてさて、飲み疲れて

思いっきり寝て迎えた2010年( ̄▽ ̄)

 

最初のおでかけ先は、もちろん

初詣ではなく

初温泉♪

今回の旅での

楽しみの一つであった

指宿へレッツゴーなのである。   

『そうお客さん!指宿と言えば

アレですよ!アレ!もうワクワクしますねぇ。』

↑淀川長治さん風にどうぞ(さよならっ!さよならっ!の人。)

とその前に、寄らねばいかんところがあった。

 

Cimg0260

【池田湖でイッシー を捕獲したい に会いたい。】

そう日本版ネス湖のネッシーの

池田湖のきっと大うなぎであろうイッシーさん。

こういう怪しげな雰囲気←怒られるわっ!\(;゚∇゚)/

が大好きなあまのじゃっく。

指宿への通り道にあるとのことで、

もちろんお立ち寄り。

 

Cimg0259

これは、途中の道の駅からの風景。

やっぱり南国。ソテツっぽいのがあるぞぉ。←不正解

太平洋だあぁ!いや、まだ湾か?(爆)

池田湖周辺では、

Cimg0264

菜の花まで咲いている。

姫路やったら3月終わり~4月位やのに

やっぱし温いのか?雪積もるけど。

これまた池田湖の謎(@Д@;

注1)たぶん品種の問題

   

で、で・・

Cimg0261

大うなぎ。デカッ!!(゚ロ゚屮)屮 蒲焼何人前?

注2)おいしくないので、大うなぎは食べないそうだ。

 

実は、この後真正面からの写真も撮ったのだが、

あまりの気持ち悪さに消去。

『うぇえええええっ』て感じ。

友達のお父上曰く、

「イッシーも正月三が日はお休み。」

ということで、

残念ながらイッシーにはお会いできなかったが

 

Cimg0265

西郷さんが笑顔で迎えてくれた(笑)

夢にまで見た 生き埋め 砂風呂。
  

館内の脱衣所でイソイソとレンタル浴衣に着替え、

砂風呂のある砂浜へ向かうあまのじゃっくご一行。

が・が・・・

   
  

『さっぶぅうううう』← 我慢再び(。>0<。)

  
  

海風がビュービュー吹いてくる中、

浴衣オンリーで、

注3)本当に浴衣だけ身に着けております。

風で裾がはだけようものなら

はた迷惑になりかねん エライ恥ずかしい状況に

なるぞぉとか思いつつ、

砂浜を一部囲った砂風呂に到着。

そして、

Cimg02672

ミノムシになりました。

ここで、正しいミノムシの作り方

1.)ゴロゴロ並ぶミノムシの列の隙間に

  係員の指示に従い入り込む。

2.)タオルでほっかむりをする。

3.)おばちゃんの指示する場所に寝転がる。

4.)おばちゃんがワンサカ砂をかけてくれる。

5.)完成。

  あとはミノムシ状態のまま10分待つべし ( ̄ー ̄)ニヤリ
  

予想より熱くなく(昔は激熱だったらしいが)

むしろ、背中側は温かいが、お腹側の砂は冷めてきて寒い位。

10分を超えても居るのは構わないようだが

あんまり入っているとのぼせるようなので

20分で退出。

またもや、海風吹き荒ぶ中、元の位置に戻り(/□≦、)

砂風呂専用脱衣所で砂まみれの浴衣を脱皮。

今度こそお湯の温泉へ。

点々と砂の形がつく腕を見ながら浸かる温泉は、

『極楽・極楽( ̄ー+ ̄)』

なのでありました。

 

 
ここで、

現地で新発見その2.

【鹿児島の注連縄は、暖簾っぽい】

写真は撮り忘れ(*_ _)人ゴメンナサイ

 

姫路の注連縄というと、クネクネと捻ってあって

ひと纏まりになっている状態のところの真ん中に

大きめのだいだいと裏白がついている。

対して、

鹿児島の注連縄は、一本の縄から暖簾のように

ワラがぶら下っていて(しかも長い)

真ん中に小さめのみかんがついていた。

 

 

続いて、

現地で新発見その3.

 

【鹿児島のラーメン屋や定食屋系のお店では、

テーブルごとに自由に食べるべったら漬けっぽいのに

甘くない白い漬物が置いてある。】

Cimg0306

↑これ実物

 

ラーメン屋でキムチ等が置いてあるのはよくあるが、

これはない。

しかも、見た目で想像するお味は甘いはずなのに

超薄味のお漬物。

醤油は甘いのに( ̄◆ ̄;)

いや、醤油が甘いから漬物が薄味なのか??

 

    
謎多き鹿児島日記。

 

しつこくもまだ続く・・・

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

鹿児島日記その2

さてさて

鹿児島日記の続ぃ♪
  

の前に訂正を( ̄Д ̄;;

題名 【正しい鹿児島弁講座】

(誤)「おいどんは、西郷ドンでござる。」ではなく

(正)「おいどんは、西郷ドンでごあす。」です。

                               ↑追記で、更に訂正 (A;´・ω・)アセアセ

と鹿児島県民な友達よりメールを頂きました。

やっぱりな(;´д`)トホホ…

 

あんなに

「鹿児島弁覚えて帰りよぉ!!」と言われてたのに

全く覚えず帰ってごめんなさいヾ(_ _*)ハンセイ・・・

あまのじゃっく記憶力ミジンコ程度です(爆)

 

 

で、話を戻す。

極寒耐寒(もちろん缶ビール持参で楽しいな♪)露天風呂

を楽しみ部屋に戻ったあまのじゃっくたち。

ウダウダしながら、アルコールを摂取。

長旅の疲れもあって、早めのご就寝。

そして、翌朝。

目の前には、

 

 

 

Cimg0246

雪景色が広がっていました!!(゚ロ゚屮)屮

 

ここで、
  
疑問その2.

【鹿児島は南国やから、寒くない&雪は降らないやろ?】

 

 

正解は、

【寒いし、雪が降るし積もるし∑q|゚Д゚|p】

ハイ!メデタク解決(笑)

 

鹿児島というと、

一年を通じ、ソテツの木が立ち並ぶ南国で、

雪なんてもってのほか!寒さも兵庫県人である

あまのじゃっくから言わせると、

『こんなん寒い内に入らへんてぇえええ( ̄▽ ̄)』

とか上から目線で言えるはず。

という持論を持っていたのだが、

これ又、友達曰く

「昨年も正月なんか雪積もったし、めっちゃ寒い!」と言う。

 

で、実証されました。

 

2009123110440001_3 

ええ年した女が素手で

【雪だるま】作れました。

これを作っている最中

友達は、「絶対、コイツ投げるつもりや」と

気づくと逃げの体勢をしておった。

ふっ、素晴らしい信用度( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

まぁ、でも、この雪だるま写メを正月早々

受け取った友人たちは全員

「鹿児島も雪降るんやぁ♪」

と言っていたので、みんな一緒と( ´艸`)プププ

 

 

 

    
そんな寒い中、

霧島神宮が元あった場所

(火山の噴火で現在の場所に移動したとのこと)

Cimg0251

天孫降臨の地で、

神聖な気分になりつつ

本当は、煩悩にまみれて年末ジャンボ当選を

お祈り。

 

Cimg0255

高千穂牧場では、

やっぱし外せない牧場の濃い飲むヨーグルトを

飲み・・・・

 

寒さに震えた(;ω;)

この柵のすぐ下が足湯だったが、

こんな吹きっさらしのところで出来るか!

厚着で、素足が出なかったため断念。

 

 

こうなるともう体の中から

温めねばってことで、

Cimg0256

蒸黒豚ぁ♪

Cimg0258

黒豚しゃぶぅ♪

を頂くことに(* ̄ー ̄*)

 

これが、脂っぽいのかと思いきや

アッサリしていておいしい♪

 

ここで、

現地で新発見その1.

 

【鹿児島の醤油は、甘い!!(゚ロ゚屮)屮】

 

こちらのお店

そばつゆをつけ汁として食べるので、

すぐには気づかなかったのだが、

気分を変えてポン酢で食べた時に気付いた。

『このポン酢甘くない?』

「うん。甘いなぁ」

『えっ?鹿児島のポン酢って甘いん?』

「いやぁ、そんなことないで~この店だけやでぇ」

ズルズル・・・

『そういや、そばつゆもめっちゃ甘いんやけど・・』

「Σ( ゜Д゜)ハッ!・・・・」

無言で、

醤油を小皿に取りあまのじゃっくに手渡す友達。

『いやぁ~醤油まではいらんでぇ。』

「じゃなくて、舐めてみて!」

『・・・醤油、甘ッ!』

「そうそう、鹿児島の醤油って甘かったんやぁ♪

姫路に慣れすぎて忘れてたわぁ(笑)」

『おぉおおおい(=゜ω゜)ノぃょぅ』

なもんで、 

食べきるまでに付いて来た柚子胡椒

ホボ無くなってしまいましたぁ。

アラッ。びっくり。

 

 

ということで、またもや続く。

 

もっと、スピードUPせねば・・・・

まだまだ道のりが長っ!!

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

2010年初ブログ・・・遅っ!!(゚ロ゚屮)屮

とっても遅ればせながら

皆様ぁ!

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しく

お願いしますぅうううううううう (=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

 

ということで、

2010年もスローなスタートで

始まるこのブログ♪

そんなグータラあまのじゃっくの

2009年~2010年年末年始は

いつもとは一味違っておりました。

そう、旅へ出たのでありましたよぉ!

お待たせしました。

↑誰も待ってねぇ。

いよいよ場所の発表です( ̄ー ̄)ニヤリ

バラバラバラバラ~♪

 

 

ババンっ♪

Cimg0229

「おいどんは、西郷ドンでござる。」

↑絶対おかしい(笑)

鹿児島へ行って参りましたぁ(*≧m≦*)

 

実家へ帰省する友達に無理矢理

くっついて(祝)鹿児島県初上陸♪

又の名を

 

【あまのじゃっくの間違った鹿児島に対する

思い込みを正しましょう(o・ω・)ノ))の旅】

 

鹿児島出身の友人と話をしていて

「それ違うってぇえええ(# ゚Д゚) 」と

訂正されることが多数あったあまのじゃっく。

しかも、性質が悪いのかなかなか友達の

言うことを信じてないのが手に取るように

わかるらしい;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

なもんで、

“論より証拠”

“百聞は一見に如かず”

あまのじゃっくのふしあな眼で

確かめて参りました。

 

疑問その1.

【姫路から鹿児島まで新幹線は通っているのか?】

友達曰く、

「そんなん通ってるに決まってるやん!」と

憤慨していたこの案件。

 

正解は、  

【実は、一部開通】でした。(* ̄ー ̄*)

姫路⇔博多        山陽&九州新幹線

博多⇔新八代(熊本)  特急リレーつばめ

新八代⇔鹿児島     九州新幹線

Cimg0228  

これは、特急リレーつばめで食べた<しゅうまい弁当>

 

この特急リレーつばめが曲者だったのである。

これ名前は特急だが、博多でこそ新幹線乗り場から

少しホームを移動するものの、新八代での

乗り換えはホームへ出ると目の前に新幹線が

止まっており、指定席の場合だと両方同じ席番。

まさに、ただの新幹線の乗り換え。

『これじゃあ、間違うわっ(。・w・。 )』と納得。

そして、2011年春には九州新幹線全面開通

決定済み。

 

1つ目の疑問解消。

 

そんな疑問を解消しつつ

やって来たのが1日目のお宿がある

【霧島】

(1日目だけ宿を取ったのである。)

Cimg0231

これは、【霧島神宮の入り口】

訪れたのは12月30日。

初詣に向けての準備で

人はほとんどおらず『ちょっと寂しいかな?』

とも思ったが、人混み嫌いのあまのじゃっくには

ぴったり♪

2009年最後のおみくじをひいたりして←ナゼ?

満喫しお宿へ。

 

今回、ご用意させて戴いたのは、

なんと

フランス料理&露天風呂付ペンション

まっ、なんて素敵な響き( ̄▽ ̄)

Cimg0236_2

カニは・・・エビは美味しかった(笑)

Cimg0239

かぼちゃスープのパイ包み

Cimg0240

海の幸グラタン

Cimg0241

デカッ!ステーキ・アスパラ

Cimg0244

フルーツタルト♪

などの料理を堪能。

  

 

食事の後は、もちろん!

Cimg0249

【貸切露天風呂】

硫黄の温泉で、体も心から温もりポッカポカ♪

 

がしかし、

その状態になるには、大きな困難があったのだった。

 

言うなれば、

【イッテQの森三中の気分が分かりました((・(ェ)・;))】

 

世界の偏狭にある温泉を回らされている

森三中。入る時にギャーギャー言っているのを

見て笑っていたが、この時がまさにその状態。

このお風呂、内風呂から露天風呂に

出るタイプではなく露天風呂オンリーのお風呂。

ということで、大きい塀で囲んでる中に

屋根だけある脱衣所+

Cimg0247

ぬるま湯&あつい湯

寒風吹きすさぶ中、雄叫びをあげながら

服を脱ぎ捨て、

ぬるま湯の湯をカブルあまのじゃっく。

『さ・さぶいぃいいいいいい (lll゚Д゚)』

あつい湯に、すぐさま移動。

『あ・あぢぃいいいいいいいΣ(゚□゚(゚□゚*)』

 

慣れるまでの間が堪りませんでした(爆)

最終的には、すごく気持ちよかったんですがね。

 

とこんな風にやかましい鹿児島旅行は始まったのであった。

 

まだまだ続く。

今回、ホンマ長そう・・・

いつ終わるんやろうか?

我ながら不安アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!     

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »