« 無頓着 | トップページ | 見学者 »

2009年4月18日 (土)

遊び方

最近、なぜか度々、登場している

気づいたら居やがる

チビ(我が甥っ子)

あまのじゃっく・あまのじゃっく父・あまのじゃっく母は、

とっても、自分本位 自立を助けるタイプ♪なので、

チビが来ても、特に、相手をしてあげる訳でもなく、

 

補足)イヤ、最低限のことはしてますよ( ̄Д ̄;;

 

チビはチビで、勝手に遊んでいる。

タマに、あまのじゃっくが、相手をしているかと

思ったら、子供相手に、容赦なく

【相撲ごっこ】のようなものを催し、

投げられて泣いてるチビが発見される

という事態に陥るのである。

しかも、

『男のくせに、ピーピー泣いて、うっとおしい (#゚Д゚)y-~~イライラ 』

と追い討ちまで、かけられている始末。
  

解説(言い訳)

彼は、ホンマ【ビービー虫】なのである。

そういえば、チビの母(あまのじゃっく妹)も

子供の頃、すぐ泣くので、【ビービー虫】と

親戚中では、有名だった。

それにしても、チビも、よく泣く。

もっと小さい頃は、ちょっと躓いて

コケタだけでも、泣いて起きあがらなかった。

ただ、あまのじゃっくと居る時は、

「泣いても、助けてくれない。」と感じとったのか、

スクッと起き上がっていたが・・・

やれば、出来るんやんっ ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

 

でも、そんなチビにも、優しい方々が居る。

それが、以前にも、何度か登場しているお隣さん。

こないだなんか、隣の家中を使って、

【かくれんぼ】をしてもらっていたようなのだが、

ドンくさいチビ、一向に、見つけられなかったようで、

我が家の玄関に来て、

そこに出迎えに出ていたしゃなに、

「なぁ~ しゃなぁ~ おっきぃおっちゃん知らん?」

と行方を聞く始末ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

 

注)隣には、チビ曰く、【ちっちゃいおっちゃん】と

【おっきぃおっちゃん】がいる。あくまで、背の高さで、判断。

 

Cimg4284

「そんなの、知りません。」

と、あるものに釘付けのしゃな吉さん。

 

その視線の先にあるものは、

Cimg4283

【まぐろちゃん(こうめ用。本日、初登場)】 

またか・・・・( ̄○ ̄;)!

 

確実に、ターゲット補足中。

そうとも知らず、ノンキに遊ぶ

こうめ姉さん。

まぐろちゃんの運命はいかに??

 

Cimg4287

もちろん、盗られました`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

 

 

Cimg4293

まぐろちゃん、解体完了まで、

あと2分・・・・・(爆)

 

 

|

« 無頓着 | トップページ | 見学者 »

「ペット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>「泣いても、助けてくれない。」

というのをどのタイミングで分からせるかっていうのが難しいですよね。うちは、かまってしまうほうなんですよね〜。ぽち。

投稿: 薬作り職人 | 2009年4月18日 (土) 18時16分

男の子は、小学校に入っても戦いゴッコやるのよねーsad
大人が加減してやると、
調子に乗って靴を履いた足で、
容赦なくむこうずねを蹴ってくるしーsweat02
今のうちに「あまのじゃっくにはかなわねえ」と
知らしめておくのもいいのかもしれませんsmile

しゃなさんのマグロの咥えっぷりcatface
なーんかリアルですなーW
2分後にはマグロのブツができちゃったの~?fish

投稿: ウルル | 2009年4月18日 (土) 21時27分

薬作り職人さん

そうですよねぇ~私は、わが子では
ないんで、結構、無責任なところが
あるので、好き勝手やってますが、coldsweats01
子育てって難しいですよねshock

投稿: あまのじゃっく | 2009年4月19日 (日) 20時11分

ウルルさん

そうそう、「戦うぅううう!」って
言って挑んできます( ̄Д ̄;;
やっぱり、今のうちの教育が、大切note
反抗期になっても、私には、かなわんと
思わせねば・・・って、やりすぎ?(笑)

エエ感じに、咥えてるでしょぉgood
マグロのぶつ切りが出来たのか??
実は、ぶつ切り前に、救出しましたぁsmile
危ない・危ない( ̄▽ ̄)


投稿: あまのじゃっく | 2009年4月19日 (日) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/258198/29154746

この記事へのトラックバック一覧です: 遊び方:

« 無頓着 | トップページ | 見学者 »