« 出処 | トップページ | 甘党OR辛党? »

2008年1月 9日 (水)

危険がいっぱい

なんだか異様に眠い・・・

なぜだ?別に睡眠不足では

無いはずなのだが、

年末年始の大量睡眠摂取の日々に

体が慣れてしまって、普通の

睡眠量では、物足りなくなっているのか?

こうやってキーボードをたたきながらも

コテッって、寝てまいそうである・・・

ところで、今日、コケました。

ちなみに、会社で ( ̄ー ̄)

別に、寝てた訳じゃぁない。

ただ、階段を上がろうとしたら

足が、本人希望の高さほど

上がっていなかったようである。

で、左手の

無駄に長い爪に、床が激突してきて?

ガーンっって・・・・・・・

「イダ・・・・イ・・・」

もちろん、その場でフリーズであった。

Cimg2096

「バカちゃう?」

あっ、ひどいお言葉。

その上、変な顔・・・・

確かに、昔からコケルのが大得意?な

あまのじゃっく。

一芸は(特に子供のころは)

『何もないところでコケル』

である。

おかげで、ヒザ小僧は、

流血→カサブタ→小休憩→流血→カサブタ→小休憩

というメビウスの輪に捕まってしまっていたため

ガザガザ傷あとだらけ&毛が生えない

(勝手に永久脱毛)な状態である。

|゚ー゚)ノ

そういえば、あれは会社が移転した時だった。

そう、5年ほど前。それまで

チャリンコ5分の通勤から車で20分の通勤に

なっただけでも、なかなかイタかったのに

新社屋への出勤第一日目、出社

約10分後、階段の最後1段を踏み外した・・・

「グキッ!」とか右足首から

聞こえたのにもかかわらず

痛みをあまり感じなかったんで

そのまま放置。

で、

2・3時間経過後・・・・

「あのぉ~右足を1cm動かすだけでも

激痛なんですけど、どういうこと?」

我ながら鈍すぎ 【・∀・#】

その後なんとか、

定時まで

我慢したものの

どう考えても、アクセルとブレーキが

踏めないゾウ足に大変身していた

私の右足。

「あの~。迎えに来てもらえませんでしょうか?」

と電話したことは言うまでもない・・・・・

ちなみにスジが伸びてたかなんかで?

↑都合の悪いことは、あんまり覚えてない。

全治2・3週間であった。

Cimg2089

「そりゃあ、痛いわ~」

「しゃなぁ~そうやろう?かわいそうやろう?」

「イヤ・・あんたがイタイ・・・・」

「へっ?」

どうせ・どうせ

2歳位のときは、

『蒲田行進曲』の池田屋での

階段落ちもビックリ位の

勢いで一番上から下まで

落ちて、お岩さんもビックリの

顔面になったこともあるからな~

その時に頭も打ったんだい!

イヤ、小学校低学年の時には

ブランコから後ろに落ちて

後頭部も強打したな・・・

あれかな?

イヤ、それとも、小学校高学年の

時に・・・・・・・

あぁ。。。

やっぱりドンクサイんやわ~

ブログランキング・にほんブログ村へ →ポッチとよろしく

|

« 出処 | トップページ | 甘党OR辛党? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

是非お祓いに・・・

投稿: ミナト | 2008年1月10日 (木) 18時35分

ミナトさん

イヤ、なんかにとりつかれてる
訳でないから・・・・
余計悪いか?(笑)

投稿: あまのじゃっく | 2008年1月10日 (木) 20時41分

こけた時って、その後の動作が、自分でも笑えませんか?
私も、たま~に思わぬ所でこける事があるのですが、
何事もなかったかのように、素早くその場を立ち去り、
後から痛みが・・・・って感じ(笑)

投稿: runrun | 2008年1月11日 (金) 21時56分

runrunさん

そうですよね~確かに笑えます!
大概、周りを見回し、誰もいない場合は
その場で悶えてますが、いた場合の
あのやせ我慢はタマリマセン・・・
しかも私の場合、しょっちゅうなんで~(爆)

投稿: あまのじゃっく | 2008年1月12日 (土) 21時05分

いや・・・来年大厄だからお互いお参りに・・・
(と普段何も信心してないくせに言ってみるw)

投稿: 桜野らむね | 2008年1月16日 (水) 07時35分

桜野らむねさん

えっ、又来年大厄なんですか?
女の厄は30才か32才か忘れたけど・・・
とかだけじゃないのぉ~
ヒエー。そのせいか?

ドンクサイだけですが(笑)

投稿: あまのじゃっく | 2008年1月17日 (木) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/258198/9797141

この記事へのトラックバック一覧です: 危険がいっぱい:

« 出処 | トップページ | 甘党OR辛党? »